おかやまの歴史的土木資産

    文字の大きさ

マーク歴史的土木資産一覧

同じ分類のスポット

年代
地域
分野

地域から選ぶ

岡山県簡易地図

10.児島湾開墾第一区第一号・第二号干拓堤防

年代:明治 地域:岡山 分野:治水・海岸施設
児島湾干拓第一区第一号堤防

見どころ

 江戸時代から始まった児島湾の大規模な干拓は、明治時代には政府から開発を請け負った藤田伝三郎(でんざぶろう)(1841~1912)によって事業が進められることになりました。
 初めに着工された第1区では、明治32年から翌年末に潮止(しおど)め工事が完了しました。その工事で築かれたのが第一号と第二号堤防です。軟らかい地盤の上に堤を築くことは困難を極め、藤田組の技術者が工夫を重ねてようやく成功したものです。
 第一号堤防のある加茂崎地区(玉野市)は、前面の海が干拓されておらず、完成当初の堤防がそのまま残っている貴重な場所でしたが、平成18年頃に改修されました。第二号堤防のある高崎地区(岡山市・玉野市)は、前面の海が後に干拓されたため陸地に取り残される形になりましたが、延長約2㎞の石積みの堤防跡が続く干拓地らしい風景を見ることができます。

出典:「あなたの街の近代化遺産ガイドブック」岡山県教育委員会
軟らかい地盤の上に堤を築くことは困難で、当時の技術者が工夫を重ねてようやく成功したんだよ。
 

ご案内

旧名称
文化財登録
建造年代
明治32(1899)年~明治33(1900)年ごろ
所在地
玉野市東高崎・岡山市南区灘崎町・南区西高崎
近隣の観光地
八浜町並み保存拠点施設
岡山市サウスビレッジ