おかやまの歴史的土木資産

    文字の大きさ

マーク歴史的土木資産一覧

同じ分類のスポット

年代
地域
分野

地域から選ぶ

岡山県簡易地図

19.JR宇野線田井拱橋(こうきょう)

年代:明治 地域:岡山 分野:
田井拱橋

見どころ

 明治43年に完成した岡山-宇野を結ぶ宇野線は、開通と同時に宇高連絡船が就航して以来、昭和63年の瀬戸大橋開通による連絡船廃止まで、四国への玄関口である宇野駅に乗客を運ぶ重要な路線でした。
 この宇野線が田井駅付近で旧国道30号(現在は県道)をまたぐ地点に設置されたのがこの田井拱橋です。拱橋とはアーチ橋を意味しています。表面には花崗岩が貼り付けられており、内部は無筋コンクリートでできています。当時、鉄道院岡山建設事務所技師であった八田嘉明(1879~1964、後に鉄道大臣など歴任)によって設計されました。
 鉄道構造物にコンクリートが使用されるのは当時珍しく、まだ、石積みや煉瓦が多用されていました。初期のコンクリート鉄道構造物としてたいへん貴重です。

出典:「あなたの街の近代化遺産ガイドブック」岡山県教育委員会
鉄道構造物にコンクリートが使用されるのは、石積みや煉瓦が多用されていた当時は珍しく、たいへん貴重なんだよ。
 

ご案内

旧名称
文化財登録
建造年代
明治43(1910)年
所在地
玉野市田井
近隣の観光地
十禅寺山
田井八幡宮