おかやまの歴史的土木資産

    文字の大きさ

マーク歴史的土木資産一覧

同じ分類のスポット

年代
地域
分野

地域から選ぶ

岡山県簡易地図

34.原ヶ市(はらがいち)橋、寺迫(てらさこ)橋、青高上(せいこうかみ)橋

年代:昭和(戦前) 地域:井笠 分野:
原ケ市橋
寺迫橋サムネイル
青高上橋サムネイル

見どころ

 矢掛(やかげ)町にある原ヶ市橋(星田川)や寺迫橋(林田川)はともに、小規模な鉄筋コンクリート桁(けた)の橋で、ユニークなデザインの高欄(こうらん)が見られます。
 井原(いばら)市の青高上橋は、美山(みやま)川に架かる鉄筋コンクリート桁(けた)の橋で、昭和9(1934)年の室戸(むろと)台風によって旧来の土橋が流されたために架け替えられました。高欄には、半円状の開口部が交互に配置される独特のデザインが特徴となっています。

出典:「あなたの街の近代化遺産ガイドブック」岡山県教育委員会
高欄に、半円状の開口部が交互に配置される独特のデザインが特徴だよ。
 

ご案内

旧名称
文化財登録
建造年代
昭和11(1936)年~昭和13(1938)年ごろ
所在地
小田郡矢掛町西川面、小田郡矢掛町小田、井原市美星町宇戸谷
近隣の観光地
吉備高原神楽民俗伝承館
大通寺庭園
中世夢が原