おかやまの歴史的土木資産

    文字の大きさ

マーク歴史的土木資産一覧

同じ分類のスポット

年代
地域
分野

地域から選ぶ

岡山県簡易地図

39.井倉(いくら)橋、御茶屋(おちゃや)橋

年代:昭和(戦前) 地域:新見 分野:
井倉橋
御茶屋橋サムネイル

見どころ

 井倉橋は、昭和9年(1934)の室戸(むろと)台風の災害後に復旧された高梁川水系の橋梁群の一つで、ソリッドリブ・タイドアーチという当時の代表的な形式を採用しており、紅葉が美しい井倉渓を彩る景観の一つとなっています。
 御茶屋橋は、昭和3年に旧国道180号の高梁川に架けられた鉄筋コンクリート桁(けた)橋です。現在は各部に損傷が見られますが、建造当初は周囲の環境にマッチした美しい橋であったと想像され、特に重厚な橋脚、扁平(へんぺい)なアーチ桁や万成石(まんなりいし)(花崗岩)製の親柱(おやばしら)に施された装飾は目を引きます。

出典:「あなたの街の近代化遺産ガイドブック」岡山県教育委員会
ソリッドリブ・タイドアーチという形式を採用しており、紅葉が美しい井倉渓を彩る景観の一つになっているんだよ。
 

ご案内

旧名称
文化財登録
建造年代
昭和11(1936)年
昭和3(1928)年
所在地
新見市井倉、新見市新見~高尾
近隣の観光地
井倉洞
井倉峡
新見美術館
城山公園