おかやまの歴史的土木資産

    文字の大きさ

マーク歴史的土木資産一覧

同じ分類のスポット

年代
地域
分野

地域から選ぶ

岡山県簡易地図

42.中川(なかがわ)橋

年代:昭和(戦前) 地域:真庭 分野:
中川橋

見どころ

 出雲(いずも)街道と伯耆(ほうき)往来との交差点である久世(くせ)の町で、備前往来の起点として、明治9(1876)年に旭川に架けられたのが中川橋です。旧橋が流失した後、昭和5年に新設された現橋は、橋長約134mを11連で構成するうち、9連は鉄筋コンクリート桁(けた)ですが、2連にプレートガーダーという鉄の橋が架けられました。室戸(むろと)台風の洪水後、昭和12年には、13連に延長されています。

出典:「あなたの街の近代化遺産ガイドブック」岡山県教育委員会
中川橋は、出雲(いずも)街道と伯耆(ほうき)往来との交差点の久世(くせ)の町で、備前往来の起点として、明治9(1876)年に架けられたんだよ。
 

ご案内

旧名称
文化財登録
建造年代
昭和5(1930)年
所在地
真庭市久世
近隣の観光地
久世トンネル桜
旧遷喬尋常小学校